「ふくろ」がなまって「ふぐろ」と呼ばれているそうです

FUGURO  (WATALIS)

宮城県亘理郡亘理町。ここでは贈り物をするときに、古い着物の残布で仕立てておいた「ふくろ」に入れて渡していたそうです。

そんな風習、文化が見直され、東日本大震災を機に新しい製品として生み出されたそうです。

 

被災地を訪れたことがあります。震災から1年後でしたが、被害の大きさに驚きました。

そんな困難の中で、女性たちが動き、乗り越えて生きている姿にパワーを感じました。

どんなに小さくてもよいから、なにか力になりたいと思いました。

そして忘れないことだと思いました。

 

 

「「ふくろ」がなまって「ふぐろ」と呼ばれているそうです」への2件のフィードバック

  1. 宮城県民ですが、ふぐろのことは知らなかったです!素敵な習慣ですね。震災後に手仕事をするために寄り合って、それで心の健康を取り戻した方も多いそうです。復興の進み具合にも差があって、先は長いようです。九州もそうではないでしょうか。何らかの形で支援を続けていければと思います。

  2. 他にも和柄の可愛らしい小物をたくさん作られていて、気に入ったものを買わせていただきました。

    同じ国の中で起きた数々の震災。忘れずにいたいと思います。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.